ビーグレンは、美肌になるための効果が実感できる化粧品として今とても話題となっています。

 

なので、ビーグレンを使ってみたいと思っている女性は少なくありあません。

 

ただ、ビーグレンは美肌効果が高いだけに、ビーグレンの成分や副作用が気になっている人もいるようですね。

 

ということで今回は、ビーグレンの成分や副作用について、ご紹介していきます。

 

肌が敏感な人や、成分にこだわる人は、得に参考にしてみてくださいね!

 

ビーグレンは安全?

ビーグレンには、たくさんの商品が出ているので、成分はその商品によって違うし、たくさんの美肌に効果のある成分が配合されています。

 

ビーグレンには、着色料、香料、アルコール、パラベン、鉱物油は配合されていないので安心です。

 

また、アレルギーテスト済なので、アレルギーがある人でも安心でしょう。

 

 

ただ、ビーグレンの副作用や安全性が気になる成分としては、ビーグレンのホワイトケア化粧品に使われているハイドロキノンですよね。

 

実は、ビーグレンのホワイトケア化粧品には、1.9%の低濃度で配合されています。

 

 

厚生労働省で認められている市販の化粧品のハイドロノン配合率は、2%までとなっているので、副作用はほとんどないようです。

 

ただ、どうしても個人差はあるので、使用が不安な場合はお医者さんに相談してくださいね。

 

ビーグレンは無添加ではない

ビーグレンは、無添加化粧品ではありません。

 

ビーグレンには添加物が配合されています。

 

でも、添加物が配合されているからといって、その化粧品が悪いということではないのです。

 

ネットでは、無添加化粧品が良い化粧品のように書いてあるのですが、実は添加物のリストはかなり昔に厚生省が指定したまま変更されていない状態になっています。

 

でも、昔はNGでも現代では研究の結果から効果的であることがわかっている成分がほとんどです。

 

化粧品は無添加と言ったほうがよく売れるようですが、無添加化粧品が良い化粧品というわけではないのです。

 

現代では、化粧品に添加物が入っていないものはないと言ってもいいくらいです。

 

たとえば、油溶性と水溶性の成分をひとつにしてクリームなどを作るためには、添加物である乳化剤が必要なのですが、昔のリストに添加物として入っていないので無添加と謳っています。

 

でも、ビーグレンは、そのことをわかっているので添加物を配合していると宣言しています。

 

また、ビーグレンが使っている添加物は、研究や調査の結果一番安全なものが選ばれています。

 

なので、ビーグレンは無添加化粧品よりもしっかりと効果を実感できるのに、お肌にも安全で副作用を気にすることなく使うことができる商品なのです。

 

まとめ

ビーグレンは、着色料、香料、アルコール、パラベン、鉱物油は入っていません。

 

また、堂々と添加物が入っていると謳っていますが、それはビーグレンの添加物は肌に副作用を与えることがないからです。

 

なので、ビーグレンはお肌が敏感な人でも、安心して使うことができるでしょう。

 

ビーグレンを使って、美しい肌へと近づいてくださいね!

【顎ニキビに効く】おすすめニキビケア化粧品ランキング



【鼻下ニキビ】に効果的なニキビ化粧水ランキング



【生え際ニキビ】におすすめのニキビ化粧水ランキング



 

思春期ニキビ治らない時におすすめの3つのニキビケア化粧水とは?



 

【大人ニキビ化粧水ランキング】敏感肌でも安心の化粧水を教えて?



【必見】ニキビ跡・赤みが治る化粧水ランキング!使ってみた感想あり!



【背中ニキビ治らない・・】そんな時におすすめの背中ニキビケアとは?