「ニキビには洗顔が大事!」ということは、皆さんもすでにご存知でしょう。

 

ところが、この洗顔方法が間違っていると大人ニキビが出来やすくなったり、ニキビが悪化してしまったりするんです。

 

洗顔が原因で大人ニキビが出来ていないか不安になってきたという人は、私と一緒に正しい洗顔方法を確認していきましょう!

 

ニキビには洗顔が重要って本当?

化粧水・乳液・美容液などはこだわりを持って選んでいるという人も、洗顔料やクレンジングにはお金をかけていないという人がほとんどです。

 

ところが、洗顔はスキンケアの第一ステップで非常に重要な役割を担っています。

 

そこをおろそかにしてしまうと、ニキビが出来やすくなってしまうことがあるので注意しなければなりません。

 

ニキビが出来る誤った洗顔方法とは?

私たちが普段何気なく行っている洗顔方法が、ニキビを出来やすくしている可能性があります。

 

ここでは間違った洗顔方法を3つご紹介します。

 

間違った洗顔方法①ゴシゴシ洗い

「ニキビ=皮脂量が多い」というのは間違っていませんが、

 

泡がない状態で顔をゴシゴシ洗っていると皮脂が根こそぎ落ちてしまう上に、肌に摩擦刺激が起きます。

 

乾燥と皮膚刺激のダブルで、ニキビが出来やすくなります。

 

間違った洗顔方法②洗顔しすぎ

肌がベタつくという人は、1日に何度も洗顔しているということがあります。

 

朝と晩の1日2回で十分で、朝の洗顔はクレンジングは不要です。

 

乾燥しやすい人は洗顔料を使わず水だけでもいいくらいです。

 

間違った洗顔方法③熱いシャワーを当てている

熱いシャワーで皮脂が取れすぎてしまうと乾燥が進みます。

 

乾燥はニキビの原因になるので、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

シャワーを当てるのではなく、洗面器にお湯を張って洗顔することをオススメします。

 

ニキビを予防・改善する洗顔方法とは?

ニキビを予防・改善するには正しい方法で洗顔を行うことが大事です。

 

重要なポイントを5つまとめておきます。

 

  1. 洗顔料は肌に優しいものを選ぶ
  2. しっかり泡立ててモコモコ泡で洗うようにする
  3. 30〜32度のぬるま湯ですすぎ残しがないように洗い流す
  4. 新しいタオルを使いポンポンと水分を含ませる
  5. 洗顔後にすぐに保湿する

 

洗顔方法実践

まずは、洗顔料と泡立てネットを用意します!

 

 

  • 洗顔料は、固形の石鹸でもよいですし、チューブ入りの洗顔料でも大丈夫です。自分の肌に合ったものを使うことが重要です。ニキビ用の洗顔用ジェルなどであればもっと良いですね。より自然なものを使うことで肌への刺激を避けられます。

 

  • 泡立てネットを使いましょう!100均で売っているようなものでもよいですし、しっかりと泡が立てられるネットを使いましょう!

 

①手を洗う

顔を洗う前に、しっかりと手を洗って雑菌などを洗い落としましょう!

ハンドソープや石鹸などを使ってしっかりと汚れを落としましょう。

 

②顔をぬるま湯で洗う

肌と同じくらいの温度のお湯でまず顔を洗います。

これで毛穴が開いて毛穴の中の皮脂が落ちやすくなります。

 

毛穴が閉じたままだと汚れや皮脂も落ちにくくなってしまうので、ひと手間かけることが重要です!

冷たい水の場合には逆に毛穴が引き締まってしまうので注意が必要です!

しっかりとぬるいお湯を使いましょう!

 

ぬるま湯の温度は肌質によって変えた方が良いです!

 

敏感肌の方 = 28~32度

乾燥肌の方 = 34~36度

脂性肌の方 = 36~38度

 

この温度を参考にするとよいでしょう!

 

一番毛穴を開かせる方法として、20分間入浴するという方法があります!

ゆっくりと入浴することで毛穴を開くことができます。

 

その他にも蒸しタオルを使って毛穴を開かせる方法もあります。

水で濡らしたタオルを絞って、30秒~1分位レンジで温めれば完成です。

その温かいタオルの温度を調整してから顔に乗せることで毛穴を開かせる方法です

 

③洗顔料を泡立てネットにいれて泡立てる

泡立てネットを濡らしてから、洗顔料をその中に入れていきます。

泡立てネットをゴシゴシとこするとどんどん泡が立っていきます。

 

弾力があるくらいまでしっかりと泡を立ててください!

 

洗顔料が少ないと密度の薄い泡になってしまうので、

洗顔料の量を調節しながら弾力のある泡を作りましょう!

 

④円を描くように泡を顔に乗せていきます!

弾力のある泡が出来上がったら、それを顔に乗せて洗っていきます!

両手で円を描くようにクルクルと顔全体を洗っていきましょう。

 

手が顔に直接触れないように泡で顔を洗うということがポイントになります!

手が直接触れることで刺激が強過ぎてしまうためです。

 

鼻やおでこのTゾーンや顎周りや口周りなどは皮脂が特に多い場所なので、

人差し指を使って優しくこするようにしましょう!かなり優しくというイメージで良いと思います。

ゴシゴシ洗うと皮脂が落ちるどころか中に押し込んでしまうので注意しましょう!

 

⑤ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗い流す場合には、しっかりと手にお湯をとって洗うことが好ましいです!

シャワー洗うと刺激が強過ぎてニキビが悪化してしまう可能性があります。

たるみの原因にもなるので絶対に止めましょう!

 

お風呂場で洗顔する場合には、桶にぬるま湯を注いで、そのお湯をすくって顔にかけて洗うようにしましょう!

 

洗面台でやる場合には、お湯の温度をあらかじめ調節しておて丁寧に泡が残らないように注意しながら洗い流しましょう!手が顔に触れないようにするのが好ましいです。

 

泡の洗い残しがあるとそれが原因でニキビが出来たり、悪化したりするので、細心の注意を払ってください!

 

 

⑥冷水で毛穴を引き締める!

仕上げに冷水を使って毛穴を引き締めましょう!

水を顔にパシャパシャを当てれば大丈夫です。

これで毛穴が塞がっていき黒ずみなども気にならなくなっていきます。

この冷水をやるかやらないかが勝負の分かれ道と言っても過言ではないのでしっかりと行いましょう!

 

⑦洗いたてのきれいなタオルで優しく水分をふき取る

最後の工程になりますが、洗い立てのきれいなタオルを使ってしっかりと顔の水分をふき取りましょう!

一度使ったタオルには雑菌が繁殖しているので、1度使ったらタオルは洗うのが好ましいです。

毎回洗い立てのタオルを使って顔を拭くようにしましょう!

その際は、優しく肌に刺激を与えないようにやることが重要です!

 

これで、洗顔の方法は以上になります!

 

まとめ

洗顔はニキビケアにおいて重要な意味を持っています。

 

しかし、そのことに気づいている人はあまり多くないので間違った洗顔方法でニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

今回ご紹介した洗顔料の選び方や正しい洗顔方法を元に、ぜひ今日から実践してみてください。