便秘と肌トラブルの関係とは?

便秘とは、代替3日~5日間以上でない人の事を言います。日本人はなんと、2人に1人が便秘の可能性があると言われています。便秘が続いてしまうと、悪玉菌が減少してしまい、有害物質やガスが発生してしまいます。そう、この「有害物質」が便ででないため皮膚からでてしまうのです。なんか。考えただけで嫌ですよね。。そのために、肌トラブルが出てきてしまうのです。

便秘で、自律神経が乱れてしまい、本来も体の働きができていないため肌トラブルがおきてしまいます。新陳代謝が正常に機能せず、ターンオーバーが不規則になり肌があれるのです。

主な肌荒れ・・・特にニキビ!!・シミやくすみ・吹き出物・乾燥などなど・・・なんで、急に肌の調子が悪くなってきたんだろう・・・と思ったらそれは、体のどこかが不調だというサインなのです!

みなさん、便秘だと肌があれてしまうって知っていましたか?便秘になると、様々な肌トラブルがでてきて大変なんです!!そこで、今回は、便秘の怖さと肌荒れについて話していきたいと思います。

○便秘に効く食べ物とは?

便秘にならないためには、生活を変えていくことも大切ですが、食べ物も多いに関係してきます。今回は、便秘に効く良い食べ物についてお話ししたいと思います。

①果物

バナナ・プルーン・りんご

②野菜

さつまいも・ひじき・切干大根・ゴボウ・トマト・青菜・きのこ

③豆類

大豆・納豆・きなこ・おから

④海藻類

昆布

⑤発酵食品

ヨーグルト・納豆・チーズ・キムチ

⑥オリーブオイル

寝る前にスプーン1杯飲むといいです。

⑦ワインやピール

これは、毎日飲んだりではなく、便秘の時に飲むと次の日に便が刺激されて出やすくなりますよ。

 

今、紹介してきた種物の多くは「食物繊維」を含んでいるものが主です。そもそもなぜ食物繊維がいいのでしょうか。

 

★便秘をなくすための「食物繊維」とは?

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」とに分けられます。「水溶性食物繊維」・・・水に溶ける食物繊維で、果物や海藻類に含まれています。この水溶性食物繊維は、便を柔らかく作り便を出しやすくしてくれます。 「不溶性食物繊維」・・・穀物や野菜・豆類に多く含まれています。水に溶けず水分を吸収してふくらみます。そうして腸管を刺激し便がでるように働いています。この二つをバランスよくとらないと便秘になりやすいです。しかし、「とらないといけない!」と捉えるとストレスの原因にもなるので気にかけておくだけで大丈夫だと思います。

○便秘にならないためには・・・

便秘は、肌にも悪影響だということは先ほどお話ししましたね。ここでは、便秘にならないためにはどうすればいいのかお伝えしていきたいと思います。

①3食バランスよく食べること!

朝は、食欲がないから食べないことや、ダイエットしているからと抜いていませんか?3食しっかり取らないと体が正常に働かなく、便も出にくくなってしまいます。

②食物繊維をとるように心がけましょう!

③ヨーグルトや乳酸飲料をとるようにしましょう。

④水分をしっかり取るようにしましょう!

「水はむくみの原因になるから・・・」と思っている方もいるかもしれませんが、水を適量飲めばむくむことはありません。逆に、便秘には、水分は欠かせないのでしっかりとるようにしてくださいね。

⑤適度な運動を心がけましょう。

⑥決まった時間にトイレに座るようにしましょう。

トイレに行きたくなくても、決まった時間にトイレに座るようにしましょう。目安は10分ほどです。習慣づけていくと、その時間に便がでる体制になってきます。

⑦しっかり睡眠をとるようにしましょう。

睡眠がしっかりとれていないと、体のリズムが崩れてしまい田町不良の原因に・・。また、便のリズムもくるってしまい便秘の原因ともなります。

⑧ストレスをためないようにしましょう。

⑨過度なダイエットにご注意を。

1食を抜いたり、炭水化物をすべてなくしたりと無理なダイエットは、体にとってとても悪影響です。また、便秘の要因にもなりかえって痩せにくい体になってしまいます。

極端なダイエットは控えるようにしましょう。

いかかでしたでしょうか? 便秘にならないためにいくつかご紹介しましたが、要するに「規則正しく健康的な食生活」を遅れれば便秘に悩むことはありません。

日頃から意識していけるように頑張りましょう!